こめっこパンダの太極拳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学院授業(上級) その12 卒業

<<   作成日時 : 2014/08/27 18:11  

トラックバック 0 / コメント 2

太極拳導師学院を卒業しました。
仕事との両立など、大変なこともありましたが、振り返ると、とても充実した日々でした。

上級コースでは、初級コース、中級コースで学んできたことに加えて、太極拳を深めるための課題に取り組みました。肩の力、腰の力を抜き、腰を沈め、身体の軸を大切にし、スピードはコントロールし、呼吸は自然に行う…など… 
身体の隅々まで意識を巡らせ、勁を動きに表現するために、視線や手の形にも神経を配ります。

全部はできない…と落ち込んだ時、「今、全てを完璧にできなくても、ひとつひとつやろうと取り組む姿勢が大切なんですよ。そうすることでいつか必ずできるようになります」と、先生は励まし続けてくれました。


そうやって学院生活を過ごしながら、できた!と思えた時は嬉しくて幸せになり… できない時は悩みながらがんばる… この繰り返しの日々でした。

学院生活の最後に、教わったことができるようになったか、できないことは何か、「試験」を通して確認してくれました。試験期間の間、先生は、授業でもされた注意を、繰り返し何度も辛抱強くし続けてくれました。大変でしたが、今になって思うと貴重な経験だったと思います。追い込まれないとやらない、自分に甘くなる自分の性格がよくわかります。”ある程度の厳しさは自分を成長させてくれるもの”だと実感しました。

学院生活の終わりの頃、最初のころは良く理解できなかった先生の言葉が、わかる事が多くなっていることに気付きました。言葉を通して、上達するためのたくさんのヒントを私達に与えて下さっていたんだ…と感謝の思いでいっぱいになります。
指導法の授業の時に先生が、「太極拳の上達にはステップ(順序)がある」と話されていましたが、確かに、身体の変化や理解力の向上に、時間や月日は必要だったんだと、しみじみ思いました。

卒業した後もずっと、先生に太極拳を教わり続けたい…と思います。先生の言葉の中で、その時はわからない事やできない事があっても、わかる時が来るまで大切にとっておこうと思います。

2年間の学院生活を通して学んだことは、太極拳が上手になるための、大切な基礎となる身体作りであり、考え方や知識だったのだと思います。全部、宝物になっています。

ただ、「以前よりできるようになった」というだけで、太極拳で要求される事全てを100%できるようになった訳ではありません。まだやりたいこと、やらないといけないこと、たくさんあります。

今がスタートなんだと思います。これから先、目の前に広大な地平線の見えない太極拳の世界が広がっています。太極拳導師学院で学んだことを糧にして、色々な太極拳にもチャレンジし、新しい経験や発見をしながら、終わりのない太極拳の旅を続けていくことができたら幸せだな…と思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

画像

画像


画像

画像

画像


画像


画像

卒業しても…


画像


***********
最後に… 
ここまで導いて下さった太極養身会の劉蘇元先生、そして、コメントを通して、又は直接励ましの言葉を掛けて下さった皆様のおかげで、無事卒業を迎えることができました。くじけずに2年間がんばることができました。深く感謝しております。本当に有難うございました


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
卒業おめでとうございます。
二期生としてこれかれ始めます。よろしくお願いします。
たま
たま
2014/08/31 17:42
たま様 ありがとうございます。たま様にもたくさん励まして頂きありがとうございました*^^* また、活発で元気いっぱいの二期生の方がたくさん集まることになり、私もとてもうれしいです。卒業生の私達もそのうち参加させて頂くかもしれません^^v こちらこそどうぞよろしくお願い致します。
こめっこパンダ
2014/09/01 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
学院授業(上級) その12 卒業 こめっこパンダの太極拳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる