こめっこパンダの太極拳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学院授業(上級) その9 呼吸法について教わりました

<<   作成日時 : 2014/03/01 15:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

太極拳をする時の呼吸法の習得には段階があるそうです。初めに大切なことは、型の動きと呼吸を合わせるより前に、まず「リラックスして、呼吸に良い姿勢で太極拳をすること」だそうです。

心臓の拍動や内臓の動きなどを調節する自律神経は、自分の意思ではコントロールすることができません。でも呼吸は通常、自分の意思である程度、調節することができます。
呼吸の仕方によって、身体や自律神経は影響を受けるため、呼吸は太極拳をする上で、とても大切なのだそうです。

教わったことは…
@緊張しない。リラックスする。呼吸を止めない。
緊張したり身体が硬くなっていると、呼吸が浅くなります。まず身体と気持ちをリラックスさせることが大切です。又、太極拳を習い始めのころは、動きに考えがとられて、呼吸が無意識に止まっている事があります。呼吸を止めることは身体が酸素不足になり良くありません。

A自然で楽な呼吸する
楽な自然体の呼吸ができる姿勢で太極拳をすることが大切だそうです。姿勢が崩れて胸が圧迫されると呼吸が苦しくなります。型の動きでどこで吸いどこで吐くかを考える前に、常に楽な呼吸で太極拳の動作を行えるように、呼吸に注意して太極拳を行います。

B習い始めの頃は太極拳の動きに、呼吸を合わせようとしなくても良い
まだ動きがきちんとできないうちに呼吸を動きに合わせようとすると苦しくなってしまいます。


太極拳をしながらこのような呼吸ができるようになると、自然に、腹式呼吸や逆複式呼吸ができるようになっているそうです。

実際に呼吸を考えながら太極拳をやってみたら、やはりまだ、動きと呼吸が上手く合いません。

でも、人は自然に、何かをする前に息を吸い行動する時に吐きます。意識しなくても自然とそうなるのだから、太極拳をする時も、型の意味を考えて動けば、自然にいつか動きに呼吸が合っていくような気がしました。

だから焦ることなく、まずは楽な呼吸ができるように、太極拳を練習します ^^v


画像

画像

画像

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学院授業(上級) その9 呼吸法について教わりました こめっこパンダの太極拳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる